総合HOME >> 部門紹介 >> 放射線科 >> 麻生北見病院 放射線科

放射線科

麻生北見病院 放射線科紹介

64列マルチスライスCT Aquilion / CXL Edition
(東芝メディカルシステムズ)

64列の強みを生かし、短時間での撮影を行うことで患者様の負担を軽減し、耳の疾患に対してはCT装置唯一の0.5mm撮影にて、微細な構造を描出します。
また、被曝低減フィルターと逐次近似再構成法により、小児でも極低線量ながら、診断に十分な画像を提供します。
また、CT更新にあわせ、華やかなフロアタイル、小児に優しいミッキーマウスの壁紙に変更いたしました。

画像処理ワークステーション Xtension
(東芝メディカルシステムズ)

併設診療科である歯科口腔外科にインプラント用のデンタルCTの画像を提供しています。

画像処理ワークステーション M900 QUADRA
(ザイオソフト)

耳小骨や腫瘍等の、より高精細な3次元画像を提供しています。

ユニバーサルブッキー撮影装置 UBS-02A
(東芝メディカルシステムズ)

耳鼻咽喉科領域の専用一般撮影装置であり、その特徴として、X線管球と撮影台が自由に動くので、車椅子の患者様でも、無理のないそのままの姿勢での撮影が正確に行えます。

X線TV装置 DT-MCI-3
(東芝メディカルシステムズ)

X線透視により、リアルタイムに病態を観察しながら、バリウムによる消化管造影検査を行います。
嚥下障害など、気管食道領域の疾患の撮影を行っています。

パノラマ・セファロX線撮影装置 Veraviewepocs 2DB
(モリタ製作所)

パノラマ撮影は、湾曲した顎骨を展開した画像として撮し、親知らずの抜歯の際、下歯槽神経管の位置を知るため重要な撮影です。 また腫瘍病変では、位置や広がりを容易にとらえることができます。セファロX線撮影では、下顎骨の左右非対称、上顎骨と下顎骨の相互的位置関係等を評価します。

歯科用一般X線撮影装置 MAX F1
(モリタ)

鮮明な画像が得られるため、虫歯や根尖病変など診断に鮮明な画像を必要とする場合には、必須の一般X線撮影となります。

定電圧の直流方式により、交流方式に比べ、人体に吸収されやすい軟X線の発生を抑えることができます。

歯科用IPデジタルX線画像システム  DIGORA Optime(SOREDEX社)
画像処理ソフト                            i-VIEW              (モリタ製作所)

イメージングプレートを用いたシステムであり、高画質のデジタルX線画像は画像診断の向上や被曝線量低減に有用です。
i-VIEWはデジタルパノラマ、デジタルセファロ、デジタルデンタルX線装置の画像処理や、口腔内画像の管理もできる統合画像処理ソフトです。



PACS装置 Rapideye Hyper TFS-7000
(東芝メディカルシステムズ)

PACSとは、画像保存通信システム(Picture Archiving and Communication Systems)の略称です。
当院では、開院以来からのCRやCTなどの画像撮影装置から発生する医用画像データを、画像サーバーに永久保存しています。
サーバーに保存した画像データはネットワークを通じて、耳鼻咽喉科の診察室や口腔外科の各ユニット等、院内各所の画像ビューア端末で常時閲覧可能となっています。

デジタルX線画像診断システム CALNEO C 1417 Wireless SQ
(富士フィルムメディカル)

当院の一般撮影は、FPD(Flat Panel Detector :被写体を通過して照射されるX線エネルギーを検出し電気信号に変換するX線画像平面検出器)を使用し、耳鼻咽喉科・口腔外科領域の一般撮影や胸部など の撮影を行っています。CsI(ヨウ化セシウム)のシンチレーターを用い、高感度かつ高鮮鋭度。つまり、低線量で高い画質の画像を得ることができ、被曝線量が低減できます。  

Copyright © 社会医療法人 耳鼻咽喉科麻生.All Right Reserved