総合HOME >> 部門紹介 >> 放射線科 >> 麻生病院放射線科

放射線科

麻生病院 放射線科紹介

麻生病院放射線科は現在4名の放射線技師で各種撮影業務を行っております。
耳鼻咽喉科領域はごく限られた範囲の撮影となりますが、非常に微細な構造を有するために診断には高精細の画像が求められることが多く「64列マルチスライスCT」を始めとする各種撮影機器を駆使し、放射線量を最小限に抑えながら最善の画像を提供できる様に日々努めております。

機材・設備紹介

64列マルチスライスCT Aquilion / CXL Edition
(東芝メディカルシステムズ)

64列の強みを生かし、短時間での撮影を行うことで患者さんの負担を軽減し、耳の疾患に対してはCT装置唯一の0.5mm撮影にて、微細な構造を描出します。
また、被曝低減フィルターと逐次近似再構成法により、小児でも極低線量ながら、診断に十分な画像を提供します。

画像処理ワークステーション M900 QUADRA
(ザイオソフト)

鼻骨や顔面骨の外傷による骨折症例の3次元画像や、耳小骨や腫瘍等の、より高精細な3次元画像を提供しています。

ユニバーサルブッキー撮影装置 UBS-02A
(東芝メディカルシステムズ)

耳鼻咽喉科領域の専用一般撮影装置であり、その特徴として、X線管球と撮影台が自由に動くので、車椅子の患者さんでも、無理のないそのままの姿勢での撮影が正確に行えます。

X線TV装置 DT-MCI-3
(東芝メディカルシステムズ)

X線透視により、リアルタイムに病態を観察しながら、バリウムによる消化管造影検査を行います。
嚥下障害など、気管食道領域の疾患の撮影を行っています。

PACS装置 Rapideye Hyper TFS-7000
(東芝メディカルシステムズ)

PACSとは、画像保存通信システム(Picture Archiving and Communication Systems)の略称です。
当院では、CRやCTなどの画像撮影装置から発生する医用画像データを、画像サーバーに永久保存しています。サーバーに保存した画像データはネットワークを通じて、診察室の各ユニット等、院内各所の画像ビューア端末で常時閲覧可能となっています。

CR装置 FCR XG-1
(富士フィルムメディカル)

当院の一般撮影は、CR(Computed Radiography)システムを使用し、IP(Imaging Plate) を用いて、耳鼻咽喉科領域の一般撮影や胸部などの撮影を行っています。CRはデジタル画像のため、濃度やコントラストの調整をはじめ様々な画像処理を加えることができ、少ないX線量での撮影が可能です。

Copyright © 社会医療法人 耳鼻咽喉科麻生.All Right Reserved